ナスビーニョの留学日記

主に留学や大学生活について書いています

留学 第7週目 Topic: 中間テスト

とうとう朝と夜が少し冷えてきたように感じます。と言っても、22度くらいですが…それでも、朝と夜はとても心地が良いです。

今回は中間テストについて書きたいと思います。経済系のクラスは、中間テストの数が多いと思います。僕は、今6教科授業を取っているのですが、全てのクラスで2つ以上中間テストがあります。問題の特徴としては、

・選択式問題で比較的難易度は簡単であると思います。(もちろんクラスによります)

・問題数が少し多いため、解法を覚えている状態にしておかないと時間が足りない。

・オンライン式、教科書持ち込み可など色々なパターン

という感じかな、と思います。また、テスト対策としては、勉強した内容を日本語でもしっかりと確認しておくと、内容が定着すると思います。本当は、英語だけで見て、すべてこなせると良いのですが…。また、教授が使ったスライドの分からない単語は全て調べておいたほうが良いと思います。僕は、あるテストで、wells fargoという銀行(市場価値では世界最大であるらしい…)の名前を知らなく、wallmartのようなスーパーマーケットだと思い、問題を解いてしまいました。

固有名詞大事ですね!(笑)

 

今回はこれで終わりです。質問があれば、是非何でもお願いします。

留学 第6週目 Topic:歯の治療

40度の気温が35度までに下がり, 少し涼しく感じてきました(笑)これから冬が来るのが本当に楽しみです。

今回は、前回のハプニング集にも少し書きましたが、歯の治療の続きについて書いていきたいと思います。

 

発端は、シリアルを食べている時に、歯の詰め物が取れたことでした。取れたときは、まだこちらに来てから、2週間ほどしか経っていなかったので、とてもショックでした。(言葉に表せないほど…数分間、自分に起こったことが信じられませんでした)。

 

まず、どうしたかというと、ネットで歯の詰め物が取れた時の対処法を調べました。そこで、焦って治療する必要がないことが分かったので、とりあえず自分を落ち着かせました(笑)。

次にしたことは、病院をさがすことです。アメリカでは、おそらくPrimary careというのを受けなければないと思います。Primary careというのはイメージでいうと初期診断をしてくれるところであり、適切な病院を紹介してくれるところです。(専門家ではないので、間違っていたら指摘をお願いします)。大学であれば、必ずPrimary careをしてくれるところがあると思います。そういうわけで、大学の中にあるHealth service centerに行き、歯医者を紹介してもらいました。

 

次のステップは当たり前ながら、歯医者の予約です。おおよその値段は下のようになります。Usual Planというのは大体の値段である考えたらいいのかなと思います。Plan feeはこの歯医者さんが$99で提供しているサービスの値段なので、あまり気にしなくて良いと思います。僕の治療は、X-rayが$107、Fillingが$299でした。非常に高いです。また、前回僕は保険に入っていると言っていましたが(正確には、旅行保険と大学指定の保険両方に入っています)、結局どちらも歯科をカバーしていなかったので、全学自腹となりました…しかし、条件付きではありますが、国民健康保険が適応される可能性があります。ぜひとも、そちらをチェックしてみてください

f:id:isseiandnasubi:20170918232848j:plain

国民健康保険のリンクになります。

www.kokuho.info

海外に行く場合は、保険の確認と歯の治療は必ずしておいたほうがいいですね…

今日は、これで終わりです。何か質問や指摘があれば、是非お願いします。

留学 第5週目 Topic:朝食

気温が徐々に下がってきたように感じます。それとも、ただ単に慣れただけなのでしょうか…(笑)

今回は、僕が食べている朝食について、紹介していきたいと思います。基本、料理はしないので既製品を食べています。(笑)

 

1.シリアル

これは、最初の方によく食べていました。特に、手軽に食べれることとコスパがなかなか良いですね。

 これが、今まで食べた中で一番おいしかったです。

2.サンドウィッチ

  これも、なかなかの手軽さを誇ります。僕のレパートリーは、ハム、レタス、チーズです。時々、ツナを入れたりします。最初に作るときは、パン選びに迷いましたが、薄切りのものであれば、何でも良いと思います(味は最初慣れないかもしれませんが、マヨネーズかマスタードなどを塗るとあまりパンの味は気になりません)。また、サンドウィッチの良いところは、冷凍が出来るところです(ただ、水気があるものは中に入れることが出来ません)。一度に、たくさん作り、昼にサンドウィッチを持って行ったりしています。また、サンドウィッチを温めると、チーズが溶け出しより美味しくなります!

 

3.Burrito

最近はまっているのは、Burritoと呼ばれるメキシコ料理です。これまた、レンジで温めるだけで食べることが出来るので、本当にお手軽です。しかも、美味しい!!(笑)

 

 

今日は、これで終わりです。

何か質問があれば、是非何でもお願いします!

2学期の成績

日本で履修した科目の成績が公開されました。

それでは今回も見ていきましょう!

 

計量経済学   99点 YAY

多変量解析   98点

工業簿記演習  93点

制度会計論   93点

経済英語    92点

資本市場の役割 92点

欧米経済史   84点

国際経済学   81点

GPA      3.14

 

今回は、思ったより成績が良くGPAが0.07上がりました。少しづつ、1年生の時さぼったのを取り返せているかなと思います。ただ、一つ悔いが残るのは国際経済学です。テスト本番で少し、ミスをしてしまったので、次は同じ教授の授業で高得点をたたき出したいです。全体的には、この調子で頑張っていきたいです。

 

何か質問があれば、是非何でもお願いします。

 

 

 

 

留学 第4週目 Topic: アメリカの祝日

とうとうアメリカに来てから4週間が経ちました。本当に時が経つのは早いなと感じています。今日は、9月4日「Labor day」ということで、アメリカの祝日ついて見ていきたいと思います。

 

1月1日 New Year'S Day   元旦

1月第3月曜日 Marth Luther King Day マーティン・ルーサー・キング誕生日

1月20日 United States presidential inauguration アメリカ合衆国大統領就任式

2月第3月曜日 Presidents Day/ Was's Birthday大統領の日(ワシントン誕生日)

5月最終月曜日 Memorial Day  戦没者記念日

7月4日 Independence Day 独立記念日

9月第一月曜日 Labor Day 勤労感謝の日

10月第2月曜日 Columbus Day コロンブス記念日

11月11日 Veterans' Day  ベテランズ・デー

11月第4木曜日 Thanksgiving Day 感謝祭

12月25日 Christmas Day クリスマス

 

このサイトから引用させてもらいました。

米国(アメリカ)の祝日・休日カレンダー 2017年

 

見たところ、月曜日に祝日が設定されていることが多いですね。日本とは違って、祝日はお店が閉まることが多いので、家族でゆったり過ごす人や、友達と遊びに行く人が多いです。ちなみに、RoommateはCalfolniaに行っています。うらやましいい。僕は、友達と外食に行っただけです... 

また、休日の過ごし方なども、書けたらなと思います。

今回はこれで終わりです。

 

何か質問があれば、是非何でもお願いします。

 

留学 第3週目 Topic: ハプニングまとめ

今日で、留学してから3週間が経ちました。時が経つのはとても早いですね...

今回は留学準備の段階からとこの3週間までに起こったハプニングをランキングにしてまとめておきたいと思います。

#1. 虫歯を詰めていたもののが取れる

先週の月曜日に取れました。取れた瞬間は、シリアルを食べていた時だと思われるのですが、非常にショックでした。小学校の低学年の時に直したものなので、寿命かなとも思いましたが、さすがに「なんでやねん」と突っ込まず入られませんでした。最悪、僕は保険に入っているので、保険が適応されると思います。ぜひ、留学に行く前は、歯科検診と保険の確認をお勧めします。

 

#2. 航空券の名前が違う

これも、見つけた時には本当に焦りました。国際線に乗るときは、パスポートの名前と航空券の名前が必ず確認されるので、名前が一致していないと乗れません。間違いを見つけたらすぐに、航空会社または、航空券をとった旅行会社に連絡をしましょう。僕の場合はアメリカン航空に電話して、手数料なしで名前を変更してもらえました。手数料を取られることもあるかとは思います...

 

#3.予約したホテルにチェックインを拒否された

 空港に着くのが夜の6時で、入寮時刻に間に合わないことが分かっていたので、アメリカでの初めての寝処を確保するためにホテルを予約していました。ゴタゴタがあり、ホテルに着いたのは夜の8時でした。いざ、チェックインを迎えると、「21歳未満は1人でチェックインできない」と言われました。「あなたにしてあげられることは、予約を取り消し、返金する事だけです」と言われ、アメリカ一日目ホームレスを覚悟しました...そこからどうしたかと言うと、もう一度予約したサイトを確かめ、そこにはチェックイン年齢18歳以上と書いてあったので、それを武器にもう一度チェックインできないか聞きに行きました。Managerに電話をしたら、OKがもらえたということで、一日目の夜は何とかホームレス生活を回避できました。ホテルの予約した証明などを英語で用意しておくのが無難ですね!

 

#4.出発日に台風が直撃

自然の脅威だけはどうにもならないですが、その日出発出来なければ全ての予定がくるってしうので、本当に死活問題でした。どう対処したかというと、とりあえず早めに空港に行きました。そうすると、運よく一本前に空席があり、航空便を変更してもらうことが出来ました。天候不良などが見込まれていて座席に空席があれば、航空便を変更してもらうことが出来るみたいです。

 

#5.ビザの書類の英訳を忘れる

ビザは全ての書類に英訳が求められます。銀行残高証明書や学校の成績などです。当時の僕は、それを知っていながら、なぜか準備をするのを忘れていました。気づいたのは、一日前でもうビザ面接を取りやめようかと考えました。しかし、戸籍謄本などの英訳はネットに上がっていたため、それをまねして自分で英訳をしました。自分で行った英訳が有効な書類とみなされるのかは分かりませんでしたが、出してみたらビザが下り一安心でした。しかし、ビザに不正な書類などは出してはいけないので、万が一のことを考えると、業者に頼んでもいいのかなと思います。一度、ビザを拒否されると、ビザを獲得できる確率は非常に低くなるらしいので、ビザの書類はしっかりと準備したほうがいいですね!(自分に言ってます)

 

#番外編 ロサンゼルス空港で女子トイレに入りかける

入ってはないですよ!(笑) 女子トイレのマークがなんと青だったので、間違えて本当に入ってしまいそうになりました。反対側から来たおばあちゃんが、トイレに入っていったのでなんかおかしいなと思いつつ入り口まで行きました(この時点では気づいていなかったです)。入口でさっきのおばあちゃんが気になり、ふともう一回マークを見てみると女子トイレのマークが表示されており、慌ててその場から立ち去りました(笑)話は変わりますが、ロサンゼルス空港のトイレには性別関係なしで入れるトイレもあり、進んでいるなと感じました。

 

今回はこれで終わりです。

何か質問があれば、是非何でもお願いします。

留学 第2週目 Topic: 授業

 アリゾナに来てから、もう2週間が経ちました。気温も少し落ち着いて来たか、と思いきやまだ40℃ありますね笑

 

今回は、授業について書いていきたいと思います。授業に関しては、日本とアメリカでかなり違うなと思いました。簡単に相違点をまとめておきたいと思います。

 

シラバスに授業の予定が全て詳しく書いてある。(宿題の予定、テストの日程など)

•教科書代が非常に高い(1冊1万円~)

•事前に、パワポなど授業で使うものを全て、オンラインで見ることができる。

•ディスカッションはやはり多め

•少人数クラスであれば、教授と生徒が普通に話し合う場面も…

•ノートはパソコンでとる人もいる

•生徒は授業が終わるとすぐに教室を出る!

 

このくらいかなと思います。あくまでも、全てのアメリカの大学に行ったわけではないので、僕の体験談として参考にしてもらえたらと思います。特に驚いたのは、最後の授業が終わるとすぐに教室を出て行くということですね。授業が終わってから、ゆっくり喋って仲良くなろうと思っていた計画はすぐに潰れました…笑

また、非常にありがたいのは、事前に宿題の予定が分から所や、パワポなどの資料をオンラインで見れるところですね。International studentとしては、どこを予習すれば良いのかがとても分かりやすいいです。これは、アメリカで「時間」が非常に重視されているという文化が反映されているのかなとも思いました。

 

今回はこれで終わりです。

何か質問があれば是非お願いします!